開店ほやほやの洋菓子店「Baby Chu Chu」レポート

baby1

以前アップしたアンダーバーの記事「UNDERBARコワーカー、酒田市内に洋菓子店オープン!」を見て、気になっていた方も多いのでは?3月25日、ついに加藤優さんの洋菓子店「Baby Chu Chu(ベビー チュ チュ)」が開店しましたので早速取材してきました。

体験!「Baby Chu Chu」

目印はキュートな赤ちゃん

まずは、冒頭のお店の外観写真から!
キュートな赤ちゃんのイラストが目を引きます。この赤ちゃんは、加藤さんのお子さん。加藤さんが描いた絵が、そのままお店のロゴになったそうです。

オープン前には「不安もあるし、ここまで来た喜びもあります」と語っていた加藤さん、オープン後に心境を聞いてみると、「めちゃくちゃ忙しいです(笑)。開店祝いで花をたくさんいただいて、こんなにも応援してくれる人がいるなんて、ひとりではなかったと感じています」と笑みを見せてくれました。

その時の旬な素材を

baby2

オープンしたての「Baby Chu Chu」に行くと、ショーケースには、色鮮やかなジェラートの数々が並んでいました。まんまるのジェラートが可愛い!毎回同じラインナップではなく、その時の旬な素材を使ったジェラートを味わえるそうです。

またジェラートは、3種類をチョイスし、カップかコーンを選べます。おまけでワンスプーンをつけてくれるので、合計4種類の味を楽しめますよ。ちなみに一番人気はマンゴーだといいます。

baby3

オシャレな棚には、クッキーやマドレーヌなど、焼き菓子がありました。

baby4

食レポに挑戦!

美味しそうなジェラートを前に、取材だけで帰れるわけもなく、筆者もしっかり食べてきました。

選んだのは、木苺・抹茶・チョコミント、ワンスプーンのおまけでは、ほうじ茶をお願いしました。どれも素材の味がすごい、いや素材の味そのものじゃん!いや、それ以上?!と驚き&感動です。

baby5

加藤さんのおっしゃる「素材の良さをダイレクトに味わってほしい」という思いが、食べてしっかり伝わりました。それほど甘いものは得意ではないのですが、加藤さんのジェラートはペロリといけちゃいました。

夢のひとつを叶えた加藤さん。創業についての想いやアンダーバーとの関わりを聞いてみました。

加藤優さんインタビュー

「Baby Chu Chu」のラインナップについて教えてください。

4月~11月、12月~3月に分けて夏季営業と冬季営業にする予定です。焼き菓子は通年置いていきますが、ショーケースを使ったものに関しては、夏季営業はジェラートやアイスクリーム、冬季営業ではケーキやパイなどを提供していきます。お店も小さいし、ショーケースもひとつしかありませんが、それでもお客様の心を満たしていきたいです。

口に入るものなので、季節のものや、その中でも厳選した食材を使っていきます。良いものをダイレクトに味わってほしいですね。アイスクリームでいえば、薄めれば薄めるほど原価は安くなります。儲けたいなら30%の薄さでもいいかもしれませんが、自分は100%の方に近づけたいです。添加物で味や香りを付け足すのではなく、その素材自体を”濃く”入れるようにしています。

お店を開くにあたって大変だったことはありますか?

友人たちに「創業したい」と話すと、反対意見もありましたし、面白おかしく言われることもありました。それで「創業ってしちゃダメなのかな」って思うこともあったんです。

そんな頃ですが、最初、アンダーバーにパソコンを利用するために行きました。創業することを人に打ち明けるのは恥ずかしいと思っていたので、アンダーバーで仕事のことを聞かれて、ちょっとモゴモゴしながら創業のことを話したら、「すごくいいですね!」って100%応援してくれたんです。またアンダーバーには多方面の専門家の方たちがいるので、障害や不安に対しても、的確にアドバイスしてくれました。創業にあたり、背中を押してくれたのは奥さんですが、手を引っ張ってくれたのはアンダーバーのみなさんですね。

アンダーバーを利用して、自分の中で何か変わった事はありますか?

最初は右も左もわからない状態でしたが、人に話すことによって、自分がしたいことを再発見できましたし、話す力も身に着きました。セミナーにも参加したのですが、最初は「お菓子屋さんをやりたい加藤です」としか言えなかったのに、最後には事業計画書のセールスポイントやコンセプトなどをペラペラっと喋れるようになっていました。アンダーバーで成長できたと感じています。創業するのを考える人であれば、アンダーバーはおすすめです。

最後に、これからもアンダーバーを利用する予定はありますか?

はい!例えば試作品を持って行って、3時のブレイクタイムに食べもらい、感想を聞きたいです。アンダーバーの雰囲気が好きなので、コーヒーも飲みに行きたいですね。

■Baby Chu Chu(ベビー チュ チュ)
〒998-0045 山形県酒田市二番町10-13
不定休、営業11時~ ※なくなり次第終了です。

「アンダーバーで成長できた」と語ってくれた加藤さん。アンダーバーとしてはとても嬉しいことです。みなさんも美味しいメニューに出会いに、「Baby Chu Chu」へ足を運んでみてくださいね!

■writer's profile

Saori Yamashina

Saori Yamashina

山科 沙織

三川町在住。フリーライター。2017年3月、「庄内を楽しむ、女性のためのWEBメディア FLOAT SHONAI(フロート庄内)」をオープン。 『やっぱり山形っていいな』と思える、愛されるメディアにしていきたい。

関連記事

メイドイン庄内で世界の映画祭をとる!!プロジェクト