2015年度UNDERBAR利用データ速報

data1
こんにちは、UNDERBARプロモーター中村です。
「地域活性化の活動を、地域視点からスタートする。そして、地域から新しい産業を生み出す担い手を育む。」こうした目標を掲げ2015年9月8日に正式スタートを切ったコワーキングスペースUNDERBAR。オープン初年度の利用実績はどうだったのか。速報というにはあまりに遅くはありますが、2015年度利用データの一部をご報告します。(2015年度のオフィシャルな報告書は現在作成中です。完成次第追って公開いたします。)

■新規月会員数

data2
※2016年3月末時点

data3

2016年3月末時点で会員数が72人(社会人月会員は2,000円/月、学生会員は500円/月)。今後はUNDERBARに集う人財の質を高めることを目標に法人利用の促進なども視野に入れていく予定です。

■利用数(利用形態別)

data3

data5

毎月の平均利用数が250前後。1日あたり10名程度の利用という数字です。活気のある時間も見られるものの、まだまだ利用が足りないというところが正直な実感です。

■利用数(属性別)

data7

名称未設定-1_03

[学生:社会人]の割合が[1:1]程度となっています。学生にとってUNDERBARの大きな利点が社会人とフラットな関係で触れ合えること。社会人が少なくなってしまっては学生にとってのメリットも半減してしまいます。もっとたくさんの社会人に利用して欲しいという共通認識をUNDERBARでは持っています

■利用者年代

data8

data9

高齢化が進んでいると庄内において、UNDERBARは利用者の半数が20代という若さ溢れるスペースとなっています。一方で社会経験豊富な30代以上の方々にももっと利用して欲しいと思います。

■利用者居住地

data10

data11

アクセスしやすい酒田市在住の利用者が多数を占めますが、時には帰省で庄内に戻ってくる方々との情報交換の場となっていたり、県外の方が外の風を運んできてくれる場になっています

■利用者性別

data12

data13

男性の利用が多くを占めています。例えば子育て中の女性が日常から離れて活動する場として、子育てが一段落した女性の方の再出発の場として等、もっと女性が利用しやすい場所となるようUNDERBARは動いていかなければなりません。

■イベント開催

data14

2015年9月〜2016年3月まで9ヶ月間でイベント開催は52回。気軽に数人〜30人程度のイベントを開催する場として積極的に活用されています。(これまで開催されたイベント一覧はこちら)今後も多種多様なイベントを開催していきたいと考えていますのでお気軽に相談ください。

■Webサイトアクセス数

data16
期間:2016年1月20日〜5月30日

2016年1月20日にリリースした本ウェブサイトですが、2016年5月30日までのアクセスは[6,535セッション]、[17,631ページビュー]でした。平均して1日あたり50セッションという数字です。6割がFacebookから、2割が検索エンジンからのアクセスでした。月4本のコラムをアップした際にアクセスの増加が見られます。

コラムトピックとしては、「人」にフォーカスしたものがアクセスが多く、またUNDERBARユーザーを紹介する「Co-Workers」ページのアクセスがトップページの次に多くなっているなど、「人」に対する関心の高さが伺えました。

今後もコラムに力を入れると共に、「Co-Workers」の紹介もどんどん増やしていきたいと思います。Webサイト内「Co-Workers」掲載についてはお気軽にスタッフまでお声がけください。

■Facebook

data17

  • Facebookページへのいいね数:1,292いいね!
  • リーチ数:265,690リーチ
  • 投稿回数:129回

期間:2016年1月1日〜5月30日。各指標の定義はこちらを参照

Facebookページへのいいね数が[1,292いいね!]という数字は、庄内でも多い数字であり、日本の他のコワーキングスペースと比較しても評価できる結果といえます。

UNDERBARではFacebook広告も積極的に利用していますが、広告なしでの2,000リーチ以上の投稿は15本。UNDERBARウェブサイトのコラムや注目度の高いイベントを告知する投稿がリーチ数が多く、人気となりました。(Facebookでは反応の良い投稿がタイムライン上で上位に表示されやすい仕組みとなっているようで、リーチの数は投稿の評判の一つの指標になると考えます。)
UNDERBARは今後もより有益な情報をFacebookから発信できるよう努めます。

プレオープンから1年が経過したUNDERBAR。2016年度は目に見える結果を出していかないとスペースの存在価値が疑われてしまう年となるでしょう。2016年度、UNDERBARは「人財の質を高めること」を戦略の方向性として、(1)高め合えるコミュニティづくり (2)法人人財の取り込み の2本柱でスピード感をもって動いていきたいと思います。

■writer's profile

Yuki Nakamura

Yuki Nakamura

中村 雄季

埼玉県出身。大学を卒業後都内大手デジタルマーケティングエージェンシーでWEBディレクターとして勤務。2013年、自然に寄り添ったライフスタイル・社会経済の構築を実践するため山形県庄内地方へ移住。現在農家として遊佐町で70aの砂丘畑の耕作、及びFUN MORE DESIGNとしてWEBサイト構築・編集・ライティング等に従事。  http://funmoredesign.com  Instagram

関連記事